リスボン (LIS) への最安値フライトを検索する

Select journey type

cmp-travelers-helptext

リスボン (LIS) への最安値フライトを検索する

リスボンへのフライトについて

ポルトガルの首都リスボンはこの数年で文化復興が進んでおり、休暇で訪れる観光客を増やしています。海岸に近いロケーションで、天気のよい日のビーチと観光地巡りの両方を楽しみたい人たちには最高の旅行先です。リスボンには伝統と現代が分かち難く結びつき、素晴らしい観光地、博物館・美術館、文化、生き生きとした都市生活、美味しい食事と、見どころもアクティビティも尽きることががありません。便利なフィンエアーのトラベルガイドで、素晴らしいバケーションを計画しましょう。

リスボンの観光

リスボンには多様な地区のどこに行っても何か面白いものが見つかります。ロッシオは市内の中心地で交通の要でもあります。バイシャはダウンタウン地区で、地震のあとで再建された結果、通りが計画的に整備されたことで、リスボンの他の地区とは明らかな違いを見せています。可愛らしいアルファマ地区は、アラブ風の雰囲気や伝統的なファドが聞けるバーがあり、ムーアに由来するこの街の過去を垣間見ることができます。ベレンは観光客が訪れる主要地区で、数々の記念碑や史跡のある場所です。ベレンの塔に登れば市内を一望することができ、ベレン宮殿やジェローニモス修道院の眺めを堪能するのもよいでしょう。平和に満ちた公園がこの地区には点在しており、芸術愛好家の方は、多くの近現代作品を収蔵するベレン・カルチャー・センターを訪問先に加えるのを忘れないでください。リスボンの幅広い博物館・美術館の中には、海洋博物館、収蔵作品の多い国立古美術館、科学博物館に、ユニークな国立アズレージョ博物館があります。注目の建築物としては、ヨーロッパ最大の橋であるヴァスコ・ダ・ガマ橋、サン・ジョルジェ城、歴史的なアグアス・リブレス水道橋、サンフランシスコの有名なゴールデン・ゲート・ブリッジの姉妹橋である壮大な4月25日橋があります。海水浴に出かけるなら、コスタ・デ・カパリカ、ギンショ・ビーチ、タマリズ海岸に向かいましょう。自然の中でもう少し過ごしたいなら、リスボン植物園が理想的な場所です。夜には、バイロ・アルト地区の通りは本当に活気あふれています。

リスボン近郊の見どころとアクティビティ

シントラ 日帰り旅行としてとても人気の旅行先です。ペーナ宮殿、シントラ宮殿、ムーアの城跡、モンセラーテ宮殿などのハイライトがあります。周囲を山々に囲まれ、ハイキングや自然の中を散策するのにもぴったりです。

プライア・ダス・マサンス 静かなビーチ・リゾートで砂浜の海岸と透明な水質が魅力です。

ファティマ 世界的に有名な巡礼地に日帰りで行けます。コヴァ・ダ・イリアは1917年に聖母マリア様が出現したと言われる場所で、重要な教会や礼拝堂もいくつかあります。

アルマダ リスボン地域でも一番の風景を誇るアルマダは、壮大かつ印象的なクリスト=レイ像がある場所として知られています。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにあり丘から市内を見下ろす象徴的なイエス・キリスト像と似ています。

リスボンでのショッピング

西ヨーロッパの中でも最もショッピングがお手頃に楽しめる首都のひとつで、リスボンで過ごす観光客が買い物でストレス発散するのも頷けます。歴史のある店舗が現代的なお店の中に入り混じり、ささやかな市場もいくつかあります。

シアード リスボンのショッピング・エリアで最も高級な地区のひとつです。高級ファッションのブティックが歴史のある美しい通りに並んでいます。

リベルダーデ大通り ラグジュアリーなファッションを扱うもうひとつ通りで、広く魅力的な大通りには、アルマーニ、ルイ・ヴィトン、ティンバーランド、カルヴァン・クライン、バーバリーといったブランドが並びます。

プリーンシペ・レアル ここにはモダンで流行のお店がたくさん揃っています。

アウグスタ通り リスボンのダウンタウンに位置するこの通りには、知名度の高い大手ブランドが多くあります。

ドルチェ・ヴィータ・タホ ヨーロッパでも最大規模のショッピング・センターで、数え切れないほどの店舗で多様な品々を販売しています。

食べ物とドリンク

バカリャウ・ア・ブラーシュ リスボンには必ずある料理で、細かく裂いた鱈、ジャガイモ、スクランブルエッグ、玉ねぎで炒めて、オリーブとパセリを飾りつけます。

カルド・ヴェルデ この街で一番人気のスープで、緑色はこのスープを作るのに大量に使用するケールの色です。他の具材としてはジャガイモのピューレとニンニクを使っています。

パステル・デ・ナタ 地元で評判のスイーツのエッグタルトで食感が魅力です。

ポルボ・ア・ラガレイロ タコのグリルでジャガイモと一緒に提供されますが、ニンニクとオリーブオイルがなければこの一皿は完成しません。

カラコイス リスボンでは5月から9月の終わりまで楽しめる季節の一品で、カタツムリをガーリック・バターで炒めていただきます。

リスボンの移動・交通手段

早く、清潔で、信頼のおける効率的な公共交通システムがリスボン全域と周辺エリアに網羅しています。チャージ式チケットが、地下鉄、トラム 、電車、主要バスとフィリーで使え、大変便利です。カードは1回分の乗車料金をチャージすることもできますし、1日券の金額をチャージすることもできます。残額をカードに貯めておけば、乗車ごとの料金が安くなります。

徒歩 市の中心部は歩いて周りやすく、アルファマやバイロ・アルタ地区はダウンタウンのバイシャ地区から徒歩で移動可能です。戦略的に建造されたエスカレーターやケーブルカーがとりわけ坂の多い通りで一役買っています。

自転車 バイシャとバレムの間を結ぶ自転車レーンがあり、リスボンはより自転車フレンドリーな街になるよう努めています。

スクーター 個人で動き周りたい人に人気なのがスクーターです。リスボンにはレンタルショップがいくつかあり、スクーター、バイク、モペッド(電動付き自転車)から選ぶことができます。運転免許証が必要で、ヘルメットの着用が義務付けられています。

バス 広範なバスルートが市内全域と郊外を結んでいます。

地下鉄 リスボンの地下鉄は、市内を移動するのに迅速かつ便利な方法です。さらにおまけとしては、多くの地下鉄の駅には人目をひくアート作品が飾られています。

トラム 様々なトラム 路線が市内を結び、ほとんどの観光地の近くに停車します。トラム 28は、3つ現存する伝統的なトラム 路線のひとつです。旧市街、アルファマ、バイシャ、シアード、バイロ・アルトを通るため、多くの観光スポット周辺をリラックスして眺める良い方法です。

フェリー タホ側を渡るフィエリーの定期便が、市内と郊外エリアを結んでいます。

タクシー リスボンではタクシーは広く利用されており、事前に予約するか、道から乗車できます。決められた料金表に基づいて運行しており、最低料金ランクは1で平日市内で使われます。料金2は週末と夜間の料金で、3と4は市内中心部の外に行く際に適用されます。

リスボンの天気

水曜日
18°C 2019.07.17
木曜日
18°C 2019.07.18
金曜日
18°C 2019.07.19
土曜日
18°C 2019.07.20
日曜日
18°C 2019.07.21
月曜日
18°C 2019.07.22
火曜日
18°C 2019.07.23
参照: OpenWeatherMap.org

*料金には燃油サーチャージ、税金等が含まれます。

リスボン (LIS) へのフライト:最も検索されたお手頃フライトを予約する

  1. 名古屋 (NGO) - リスボン (LIS)

    NGO-LIS

    2020.01.29

    NGO-LIS

    2020.02.05

    7
    127,220JPY
  2. 大阪 (KIX) - リスボン (LIS)

    KIX-LIS

    2019.12.23

    KIX-LIS

    2020.01.01

    9
    119,250JPY
  3. 東京 (NRT) - リスボン (LIS)

    NRT-LIS

    2019.10.31

    NRT-LIS

    2019.11.06

    6
    124,980JPY
  4. 札幌 (CTS) - リスボン (LIS)

    CTS-LIS

    2020.01.13

    CTS-LIS

    2020.01.19

    6
    135,300JPY