クラクフ/バリツェ (KRK) への最安値フライトを検索する

Select journey type

cmp-travelers-helptext

クラクフ/バリツェ (KRK) への最安値フライトを検索する

クラクフ/バリツェへのフライトについて

クラクフは文化と建築の宝箱であり、活気溢れるナイトライフの音が旧市街の小道や地下から聞こえてきます。ポーランドで人気の旅行先カラクフは、歴史愛好家にとっても夢のような場所です。フィンエアーの総合的なトラベルガイドで、クラクフで一番の楽しみを見ていきましょう。

クラクフの観光

中央市場広場の織物会館は13世紀に取引所だったところで、ルネッサンス様式のヴァヴェル城は500年にもわたってポーランド王室の裁判所でした。クラクフにポーランドのどの場所よりも歴史的な建物、記念碑、芸術品が多いのも不思議ではありません。中央広場に正時に立ち止って、聖マリア教会の塔を見上げれば、時間を告げるトランペットの演奏を見ることができます。旧市街にはすばらしい建築が多くあり、馬車の後ろに乗れば、リラックスしてその雰囲気に浸ることができるでしょう。旧市街を囲んだ大きな公園、プランティ公園で一息つくのもおすすめです。ボヘミアンな雰囲気のカジミエシュは以前はユダヤ人地区だった場所で、クラクフでも最も興味深いエリアのひとつです。荒廃したシナゴークや目立たない住宅地が再建され、現在ではオルタナティブ・カルチャーが盛んな場所になっています。新しいレストランやバーも次々に開店しています。ガリシア・ユダヤ人博物館の写真を見れば、クラクフの4万人のユダヤ人が第二次世界大戦中に迫害され、亡くなったカジミエシュの歴史が今も蘇ります。また映画『シンドラーのリスト』の着想の元となった旧オスカー・シンドラー琺瑯工場を訪れれば、この街の悲劇的な過去について、より詳しく学ぶことができるでしょう。クラクフの現代美術館は芸術好きの方が真っ先に行くべきスポットですが、一方、インタラクティブなクラクフ地下博物館では戦前の市内の様子を見ることができます。

クラクフ近郊の見どころとアクティビティ

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館 第二次世界大戦中のユダヤ人が経験した苦境の歴史と感情に訴えかける洞察から重要なレッスンを学ぶことができ、ふたつのナチス強制収容所は、色々と考えさせられる必須の訪問先です。

ヴィエリチカ岩塩坑 以前は岩塩の採掘坑でしたが、現在は博物館になっています。地下の大きな洞窟で複雑な岩塩の彫刻や彫像に驚くことでしょう。

ティヒ ティスキエ・ビールのホームタウンを訪れましょう。

ザリピエ 静かな農村ですが、建物に鮮やかな花のペインティングが描かれ、ユニークな写真撮影にぴったりの場所です。

クラクフでのショッピング

大型ショッピング・センターがいくつかあり、数々の小さなお店も集まったクラクフでは、誰しもショッピングが楽しめます。

中央市場広場 この街で歴史的に市が開かれてきた広場で、現在では主要ショッピング・エリアになっているのも頷けます。販売されている商品はその時々で変わりますが、この活気溢れる雰囲気に変化はありません。屋内にある織物会館をのぞけば、地元の工芸品、芸術品、ハンドメイドのジュエリーやちょっとしたお土産が見つかります。

ノビ広場 カジミエシュ地区にあり、このエリアの通りには多様な小さなお店が溢れています。日曜日の朝には毎週蚤の市が開催され、通りはさらに多くの人々で活気付きます。

ギャレリア・クラコウスカ 市内中心部にある大型ショッピング・センターで、海外ブランドやポーランドのブランドが混在しています。

食べ物とドリンク

オブヴァジャネク 外はカリカリで中はフワッとしたベーグルに似たパンで、クラクフで人気のストリート・フードです。塩、ポピーシード、セサミなどが表面にトッピングされています。

ピエロギ ポーランド全土で人気のある料理です。小さな生地に、ジャガイモとチーズ、各種お肉、リンゴ、イチゴなど様々なものを餃子のように詰めています。9月にクラクフを訪れるなら、毎年開催されるピエロギ・フェスティバルをぜひ訪れてください。

ザピエカンカ 長いバゲットに様々な具材を乗せてオープントーストにした料理で、クラクフで一般的なもうひとつのストリート・フードです。一番人気のトッピングはチーズとマッシュルームで、普通はバゲットにガーリックソースとトマトケチャップをたっぷり塗っていただきます。

フウォドニク ビーツのスープで夏には冷やしていただきます。ピクルス、ディル、サワークリームを使ったこのスープは、味わい豊かで濃厚でありながら、さっぱりとしています。

クラクフの移動・交通手段

クラクフは非常にコンパクトな都市で、公共交通機関を使わずに全エリアを徒歩で周ることも可能です。中心地の一部は車両の乗り入れができないので、安心して散策できるでしょう。しかし公共交通機関のネットワークも充実しており、目的地に移動したり、観光地に向かう新しい手段もできています。

徒歩 クラクフの主要観光地の多くを通るウォーキングルートがいくつかあり、その中にはヴァヴェル城に続く王の道、旧市街から郊外へと続くルート、プランティ公園を通り抜けるルートがあります。中央広場は歩行者専用で、市内の歩道は一般によく整備されています。

自転車 クラクフ全体で自転車をレンタルできるネットワークが拡大しており、市内の自転車移動を奨励しています。自転車専用レーンがいくつかあり、サイクリング自体は一般的に安全です。ほとんどの場所は平坦です。

バス 多くのバスサービスが市内を運行しており、一般的に清潔で効率的です。乗車券は自動販売機かキオスクで購入でき、一部のバスは車内にも券売機があります。車内で運転手から購入することもできますが、料金ちょうどの金額を準備しておく必要があります。お釣りが出ないうえに、運転手は乗車券より高いお金は受け取ってくれません。バスに乗車する時は、乗車券を有効化する必要があります。乗車券が有効であれば、乗り換えも可能です。一部にナイトバスも運行しています。乗車料金はとても安いので、クラコフを移動する上でバスは効率的な方法です。

トラム いくつかのトラム路線が市内を走っており、乗車券システムはバスと同じです。24時間、48時間、72時間有効のトラベルパスを購入することもできます。

タクシー 安価かつ広範囲で利用できるタクシーは個人に合わせて利用できる優れたサービスです。しかし、特にラッシュアワーには一番早い移動手段ではないかもしれません。

馬車 主に観光ツアーでの周遊に使われますが、市内をちょっと変わった方法で移動するなら、馬車に乗るのも魅力的な体験です。

電気自動車 通り沿いにある小さなカートには、そのエリアをもっと楽しめるように観光場所の解説が録音で聞けるようになっています。

クラクフ/バリツェの天気

月曜日
8°C 2019.11.18
火曜日
10°C 2019.11.19
水曜日
8°C 2019.11.20
木曜日
10°C 2019.11.21
金曜日
11°C 2019.11.22
土曜日
8°C 2019.11.23
日曜日
10°C 2019.11.24
参照: OpenWeatherMap.org

*料金には燃油サーチャージ、税金等が含まれます。